大保ダム

沢

水曜と木曜日にダムの工事現場へ行って来ました~ぁ。
写真はその時撮ったものです。携帯で撮ったんでチョットぶれてます���Ƃ�

押して下されば�G���������͂��Ă�������ブログ更新の励みになります。
↓↓↓ポッチ ↓↓↓ポッチッと
ブログランキング・にほんブログ村へ
なんで?ダムの工事現場へ行ったかと申しますと...
日雇いのお誘いがあったので、二日だけ行って来ました。�΂��B

場所は、大宜味村と東村の境界付近に建設中の大保ダム。

今時ダム建設ねぇ~~ と思いHP「北部ダム事務所 大保ダム」を見てみると...
このダムの目的は、供水調整・下流河川の適正な水量確保・水道用水の供給、だそうです。

冒頭の写真は、ダムが完成すると水没する小さな滝です。
貴重はヤンバルの森がアッサリと伐採されて行く様を見ていると涙が出て来そうでした。��
伐採の山

昭和40年頃まで、この辺りに炭焼き小屋が多く在ったそうで、その炭焼き窯跡もいっぱい。
窯001
窯002

沖縄の人は海だけじゃなく、ヤンバルの森とも共に生きていたんだなぁ~ っと感心。
そんなヤンバルの森が水没して行くんです。��


マスコミでは、沖縄の海が破壊されていく事ばっかり言ってますが、山も大変なんです。
人が使う水道水確保の為に、容赦無く自然が破壊されています。

実際問題... 仕事が無い沖縄で、こうしたダム建設はお金を落とす公共事業としての側面が大きく、工事中は多くの人を養うことが出来ます。綺麗事ばっかり言っていても生活出来ないって言うのが本音だったりもするんですがぁ������
何とも考えさせられます。

因みに、日当は8000円。����
現場迄の足は自腹でした。。。


沖縄の「道の駅許田」限定 宝くじ購入代行サービス




川と開発を考える―ダム建設の時代は終わったか (J‐JEC環境叢書シリーズ)川と開発を考える―ダム建設の時代は終わったか (J‐JEC環境叢書シリーズ)
(1995/10)
日本弁護士連合会公害対策環境保全委員会

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する