炭ガマ~

炭ガマ01
炭ガマ~(たんがま~)。炭焼窯の事です。
(^^)b

何はともあれ�G���������͂��Ă�������ポチポチッとお願いです。
↓↓↓ポチ ↓↓↓ポチッとネェ
ブログランキング・にほんブログ村へ

5日(3月)の夜に、沖縄へ帰って来ています。
帰って来てから確定申告やら何やらと忙しかったのですが、火曜日から暇で... またダム現場の仕事へ行って来ました。�΂��B

ダム建築に賛成か反対かは別として、ダム現場は結構気に入ってます。


今回の任務は!
炭焼窯の保全。


新聞等でも報道された炭焼窯で、殆ど無傷の状態で発見されて大変珍しいとの事です。
「琉球新報の記事」
教育委員会・文化財センターの要望では、そのまま丸ごと切り取って保存したいのと意向だったみたいですが...
一切、保存方法のノウハウも無く、資金も全く無いため������

残っていた屋根部分の土、煙突部分の石、出入り口の石組み
を保存して、別の場所に新しいのを作ると言う話になった様です。


で、その土と石を手作業で掘り出し、ヤンバルの山中から人力で運び出す作業でした。�s�[�X


山中には無数の炭焼窯跡が残っているんです。っと言うか、今でも炭焼窯は作られています。���Ƃ�今回の炭焼窯を移転する話でも、別の場所に300万円程かけて作るとか...
皆で「今でも焼いてる人が居るのだから、その人に頼めばもっと安く出来るょ~、何百万もかからんょ」っと大笑い。���Ƃ�
炭焼窯02
↑↑↑こんなのがいっぱい有ります。


山間には「ホ~~~ホケキョ!」っとウグイスの声が響いてました。



沖縄の「道の駅許田」限定 宝くじ購入代行サービス





炭やき教本―簡単窯から本格窯まで炭やき教本―簡単窯から本格窯まで
(1998/12)
杉浦 銀治高橋 泰子

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する